ワードプレスを使うなら必ず入れておきたい!良質な無料画像が見つかるプラグイン「Pixabay Images」と設定方法

「ブログの画像って、どうしたらいいですか?」
「ネット上の写真って使ってもいいんですか?」
これはお客様からよく頂く質問です。

 

すでに、ブログを書かれている方は実感していると思いますが、
「ブログの中で使用する写真」「アイキャッチ画像」は読まれるブログの必須条件!

 

インターネットで検索した画像を利用されている方も見かけますが、
実は、知らないうちに著作権や肖像権の侵害をしていることもあります。

 

ブログや情報発信をする立場であるなら、
モラルを守り、ITのリテラシーも身につけていきたいですね。

 

今日は、そんなブログ運営の強い味方になる『Pixabay Images』というプラグインをご紹介していきます。これであなたも画像には困らないっ!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについて

まずは商用利用な画像のお話をする前に、
こちらのお話を頭の片隅に入れておきましょう。

クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称になります。

CCライセンスとはインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。(クリエイティブ・コモンズ・ジャパンより

つまり、作品の著作権を持つ方を守るために、みんなで作ったルールなんです。

 


たとえば、こちらの表示だと、原作者のクレジット(氏名、作品タイトル)を表示することを主な条件として、改変や営利目的の二次利用も許可されている、最も自由度の高いCC(クリエイティブコモンズ)のライセンスになります。

 

商用利用可能な画像とは?

先ほどのクリエイティブ・コモンズの表示だと、原作者のクレジットを表示することになりますが、これから紹介する2つのライセンスは、クレジットの表示をする必要もなく、商用利用も可能で、ブログやホームページに使用することが出来る画像になります。

パブリックドメイン(PD)


社会全体の公共財産の意味になります。知的創作物について著作者や発明者などが著作権などの一切の権利を放棄し、一般公衆に属する状態にあることを言います。(著作者の死後50年を迎えると、社会全体の財産となります)

クリエイティブ・コモンズ・ゼロ(CC0)


著作者が自身の著作物の著作権を放棄するために、クリエイティブ・コモンズが作ったツールになります。著作権の保護期間が切れて、パブリックドメインになるのを待つのではなく、自発的に著作権を放棄することができ、より多くの人々が自身の著作物を利用しやすくなります。

 

この『パブリックドメイン(PD)』『クリエイティブ・コモンズ・ゼロ(CC0)』の表示がされている画像に関しては、ブログやホームページにて利用することが可能です。

こちらの『Pixabay』では、920,000点以上の『クリエイティブ・コモンズ・ゼロ(CC0)』の写真が無料で提供されています。
▶ https://pixabay.com

 

プラグイン『Pixabay images』を導入してみる

ライセンスフリーな画像を、記事の編集画面上で見つけて、記事に挿入することができる、とても使いやすいプラグインになっています!

 

(1)「ワードプレス管理画面」>「プラグイン」>「新規追加」>「Pixabay Images」を検索>「今すぐインストール」

(2)インストールが終わった後は「有効化」をクリック!

(3)設定>「Pixabay Images」の詳細設定をクリック

(4)「Pixabay Images」の詳細設定をします!


●Language       日本語を選択
●Images Per Page  1度に何枚の画像を表示するのか?
●Image Types  画像タイプ(全て、写真のみ、クリップアート)
●Orientation    写真の形(全て、横、縦)
●Attribution    帰属制(ライセンスのクレジットを表示するかどうか?)
●Button      ボタンの表示

自由に設定ができますが、「Attribution」のクリックを外すくらいで大丈夫です。

 

実際にプラグインを使用して、画像を検索してみる!

ここまで来ると、あと少し!
さっそく投稿画面で、画像を検索して、挿入してみましょう。

(1)「Pixabay」をクリック

(2)見つけたい画像を検索します

今回は試しに「macbook」で調べてみました!

(3)検索した画像が表示されます

「macbook」で400枚ほどの画像が出て来ました。
ぜひ、好きな画像を見つけてみてください!

(4)好みの画像が見つかったら、サイズを選びます

ご自身の利用するサイズに合わせて、ダウンロードをしてみてください。
写真のサイズボタンを押すだけで、自動でダウンロードして、メディアのフォルダに保存されます!

(5)タイトルやキャプションなどを編集します

キャプションにははじめ単語、リンクなどが入っていますが、
こちらは消しておいても大丈夫です!
残したままだと、画像の下にリンク表示が掲載されます。

(6)これで画像の挿入完了です!

お疲れさまでしたー!
素敵な写真がたくさんありますので、ぜひゆっくり探してみてくださいね。

 

編集後記:伝わるブログ作りのために

無事に画像を投稿することができましたでしょうか?
はじめにお話をしたとおり、『ブログ内の画像』『アイキャッチ画像』は、ブログやホームページを運営する上で欠かせない要素になっています。

 

なぜなら、多くの情報の中から目に留めてもらい、お客様に選ばれる必要があるから。


検索している人や、ブログの読み手にとって、アイキャッチ画像は『必要な情報がここにありますよ!』という看板のような存在となりますし、ブログ内の画像は『より文章を理解してもらうため』『言葉だけでは伝わらない要素を伝えるため』でもあります。

 

私たちは視覚的要素から、無意識のうちにたくさんの情報を取り込んでいるということを、写真を選びながら改めて感じるのです。

 

せっかくブログ運営やホームページを作成するのであれば、写真を上手に活用して、必要な人のもとへ情報をお届けしていきたいですよね!

 

ぜひ、Wordpressでブログを書かれている方はプラグイン『Pixabay Images』を活用してみてはいかがでしょうか?

 

また、オススメのプラグインがありましたらご紹介させて頂きます。
これからも頑張っていきましょう!

福岡開催決定!初心者のためのワードプレス講座

4月14日 福岡開催決定!
初心者のための8時間ではじめる
wordpress講座

詳細はこちら

Related Entry

【All in One SEO】ワードプレス初心者のための「...

【2017年度版】はじめての方でも安心!必ず入れておきたいプ...

ワードプレス初心者の方にオススメ!キュレーションサイトを簡単...

【2017年度版】ワードプレス初心者でも設定できる!必ず入れ...

【2017年度版】必ず入れておきたいプラグイン「All in...

【All in One SEO】ワードプレス初心者のためのF...