ワードプレスを理解しよう!

ワードプレスをはじめた時に決めておきたい、パーマリンク設定について。

こんにちは!今日もさっそくワードプレスの設定を行っていきましょう。
ワードプレス初期設定』は無事にできましたでしょうか?

 

今日は、パーマリンクの設定を行っていきます。
パーマリンクとは、ワードプレスで作成する記事のURLになります。
設定によって、タイトルや日付などがURLに自動に反映されるようになっています。

 

いくつかパーマリンクの形式がありますので、オススメの形式、そして、パーマリンクを決める際に注意したいことなどを今日はお伝えしていきます!

 

パーマリンクは一度設定すると、途中での変更はあまりオススメできません。
半永久的にずっと使用することになりますので、その理由もともに(管理人の体験談アリ!)ご紹介いたします!
ぜひ、一緒に考えていきましょう!

パーマリンク設定とは?

パーマリンクとは、先ほどお伝えしたように、ワードプレスで記事のURLのことを指します。つまり、パーマリンクの設定とは「記事を投稿した時にどんなURLで表示するのか」を決めるということです!

 

たとえば、今日の記事であれば、
http://wordpress-lesson.net/first-step/permalink/
このピンクの文字の部分がパーマリンクになります。

 

パーマリンクについて

それでは「パーマリンクの形式」
「パーマリンクがなぜ大切なのか?」
をお伝えしていきます。

パーマリンクの形式

パーマリンクには主に6つの形式があります。
「基本」「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」「投稿名」「カスタム構造」

 

パーマリンクの設定ってどうして大切なの?

URLの重要性に関しては、Googleさんも以下のように案内されています!

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。(Googleのコンテンツに関するガイドラインより)

つまり、記事のURLを見ただけで、人間が理解出来る単語で作られていることが望ましいということになっているんです。

 

その理由はとてもシンプルで、Googleさんは、サイトというのは読み手にとって、読みやすいものであることを重要視し、サイトを評価する際に見ているということなんです。リ記事だけでなく、リンクも読み手にとって親切であることが大切なんです!

 

パーマリンクの設定の注意点!

 

【管理人の経験談】
ちなみに、私の経験談を書いておくと、1番はじめに作ったワードプレスは「基本」に設定したままでブログを書いていたんです。すると、Googleアナリティクスなどで記事の分析をする際に「?p=123」だけの表示になってしまい、何の記事なのかさっぱり分からないという事態に…(笑)もちろんタイトルを表示させる方法もありますが、リンクは分かりやすいのがオススメだと実感しています!

 

たとえば数字だけだと…

http://takemurarena.com/3702/
どんな内容の記事が書いてあるのか、URLからは分かりません。
シンプルなURLになっているので、これでも良いのかもしれませんが、せっかく初めて設定するのであれば、後ほど説明する他の方法をオススメします。

(注意!)「投稿名」を日本語のままにしておくと…

パーマリンクは、記事を作成する際に編集することができます。
実は、このパーマリンクは「英数字」で設定されることをオススメされています。

もし、仮に日本語のままにしておくと…
シェアされた際など、URLの日本語部分は、以下のように文字化けしてしまうんです!

何の記事を書いているかも分からないですし、はじめて見る方はびっくりされるかもしれませんね!これだと、せっかく記事を「シェアしたい!」と思った方も迷ったりする可能性が出て来てしまいます。

なぜ、文字化けしちゃうの?
URLに日本語の文字が入っていると、私たちがブラウザを使用して見ている際には「日本語」として見えるのですが、実際にはURLエンコード(信号やデータを一定の規則に基づいて変換すること)によって、文字が自動で変換して長い文字列になっているんです。なので、URLを他の媒体に貼付けた際に、%E8%A7%〜のような文字列が並んでしまうんです。

 

▼特にタイトルが長いとこんな状態になってしまいます!
何か秘密の暗号みたいですね!(笑)

 

なぜ、パーマリンクを最初に設定しておく必要があるの?

パーマリンクの設定を後から変更すると、
「外部サイト(自分のサイトではないもの)からのリンクが無効になる」
「内部リンク(自分のサイト内でのリンク)も無効となる」
というデメリットが生じてしまいます。

 

投稿を続けていくことで、せっかく「気になる!」とクリックしてもらっても、ブログにたどり着いてもらえないということなんですね。(それは悲しい!)

 

そして、せっかくGoogleで検索されても、そのリンクがパーマリンクの変更前の状態であれば、クリックしてもらっても表示されないんです。その事態を避けるためにも、はじめにパーマリンクは決めておきたいのです。

 

オススメのパーマリンク設定について

このブログでは、オススメのパーマリンク設定を3つご紹介します。
先ほど(注意!)でお伝えしたように、それぞれの投稿名は『英数字』に変更することはお忘れなきよう!

1)『日付と投稿名』を選んだ場合

このURLだと、記事がいつ書かれたのか、そしてどんな内容なのかも一目で分かるので、親切なURLだと考えられます。

http://wordpress-lesson.net/2017/05/18/%postname%/
http://wordpress-lesson.net/2017/05/18/記事タイトル名/
http://wordpress-lesson.net/2017/05/18/setup01/

 

2)『投稿名』を選んだ場合

オススメは「投稿名」これが一番簡単です!
投稿の際にパーマリンク設定の部分に、ご自身で決めた単語(英数字)を記入します。

http://wordpress-lesson.net/%postname%/
http://wordpress-lesson.net/記事タイトル名/
http://wordpress-lesson.net/get-domain/

 

2)『カスタマイズ構造』を選んだ場合

もしくは「カスタム構造」を選ぶことも出来ます!
ちなみに、こちらのサイトはカスタム構造で設定しています。
(自分の好きなように設定できます!)

http://wordpress-lesson.net/&category%/%postname%/
http://wordpress-lesson.net/カテゴリー名/記事タイトル名/
http://wordpress-lesson.net/first-step/setup01/

 

「/&category%/%postname%」
ピンクの枠の部分にコピペして頂ければ大丈夫です!

メリットは、記事がどのカテゴリーの中にあり、どんな内容を書いてあるのか一目で分かるようになっていること。それは、私たち人間が見ても分かりやすいのですが、Googleのクローラー(サイトを見ている巡回ロボット)も理解しやすいのです。

 

(注意)記事のカテゴリー移動の可能性がある場合は…

『タイトル名』での設定がオススメ!

http://wordpress-lesson.net/%postname%/
http://wordpress-lesson.net/記事タイトル名/ がオススメです!

 

カテゴリー名を含んだパーマリンクを使っている場合のデメリットは、サイトを運営している途中で、あとからカテゴリーの移動をすることになった場合に、パーマリンクを変更するのと同じように、それまで使用していたリンクが無効となってしまうということです。

例:カテゴリーを初期設定(first-step)からフェイスブック(facebook)に移動時
(前)http://wordpress-lesson.net/first-step/setup01/
 ↓
(後)http://wordpress-lesson.net/facebook/setup01/

(前)のリンクが無効になってしまうのです!

 

(おまけ)パーマリンク設定の傾向について

投稿名を選んでいる方

記事の内容の幅が広い方。ブログ、旅行、ビジネス、ガジェットなど内容が多岐にわたる方は、投稿名を選んでいる方が多いです。後からカテゴリー移動をする可能性があるからですね!

カスタム(カテゴリー名)を選んでいる方

書く内容がある程度決まっている場合。ダイエット系、ジム系など、専門性の高いブログを書かれている方は、カテゴリー名と記事名のカスタムを選んでいる方が多いです。

 

編集後記

パーマリンクに関しては諸説ありますが、はじめにルールを決めておけば、あとは触れる必要がないので、初期設定の時点で決めておくことをオススメします!

 

お恥ずかしいお話ですが、後から変更すると大変だと知った時、私はとてもショックだったのを覚えています(笑)この失敗は繰り返してほしくないので、パーマリンクもぜひ設定しておいてくださいね。

 

それでは、次回も頑張りましょう!
最後までお読み頂きありがとうございます。